ジェットプリンタサプライ専門店
お問合せ
ポリシー
TOP
代表の似顔絵
Copyright(c)2010 Jet Printer supply. All Rights Reserved.
商品ページに戻る
「廃インク吸収体がいっぱい」のエラーが出て
廃インクって何だ?と思う方もいるでしょう。

それについてのささやかな解説です。
<廃インク吸収体とは?>
こんなのです⇒
インクが液体で入っているBOXがあると言うわけではありません。
かんたんに言うと水分を吸収するシートが入っています。

これがいっぱいになったとのエラーが「廃インク吸収体がいっぱいに
なりました」と言うものです。

しかし、正確には廃インク吸収体が完全にインクを吸収し切ったから
起こっているわけではなく、メーカーが印刷量に応じていっぱいになった
と予測される。と言うエラーなのです。(要はいっぱいではない)

カウンターによって導き出されたエラーと言うことです。
印刷するたびにそのカウンターの数値が上昇していき、95%を超えると
エラーが警告されます。

そのまま無視をして印刷をしていくと100%になって、動かなくなります。
このことがこの警告の正体です。
@ふちなし印刷を極力少なくする(カウントが上がりやすい)
A写真印刷を極力少なくする(カウントが上がりやすい)
Bまとまった印刷は、いっぺんにする。
C電源をつけっぱなしにしない。
<事前対策>
<事後対策>
@廃インクカウンターをリセットする。
A必要に応じて廃インク吸収体を交換する。

※機種によって「事後対策」の方法は様々なので、ご注意下さい。
  リセットだけしても使えます。使用頻度にもよりますが、リセット
  しすぎると液漏れしますのでご注意下さい。
ちなみにこのことについてご質問頂きましても、私もそれぞれの
機種への分解等の方法は、無知ですのでお答え出来ません。
(返信もいたしません。)

廃インク吸収体をお求めの際にも全てご自身の責任で交換
いただきますようお願い申し上げます。
<注意点>
吸収体カウンター
リセット情報の購入
inserted by FC2 system